Windows10アップグレードの裏技 基本情報や注意点まとめ

windows-10-logo-3
LINEで送る
Pocket

Windows10にアップグレードする為の基本的な情報を紹介します。
無償期間、システム要件、バージョン情報、エディション情報、新機能、注意点などを解説しています。アップグレードする前にWindows10の基本情報を知ってからアップグレードしましょう!

 

まず知っておきたいこと 無償アップグレード期間 2016年7月29日まで
windowsup

Windows 10 にアップグレードしましょう。Windows 7 または Windows 8.1 搭載の対象デバイスは、無償でアップグレードできます。キャンペーンは 2016 年 7 月 29 日に終了します。

別ページ参照
Windows10無償アップグレードの期間はいつまで?

 

 

必要なシステム要件 まず今使っているOSがWindows7 SP1~Windows8,1が動作していることを確認しましょう。

お使いのデバイス上で、Windows 7 Service Pack 1 (SP1) または Windows 8.1 Update が動作していることを確認してください。

Microsoft推奨 パソコンのスペック

・1GHz以上のプロセッサまたはSoCの仕様

・メモリ
1GB(32ビット版) 2GB(64ビット版)

・ハードディスクの空き領域
16GB(32ビット版) 20GB(64ビット版)

・グラフィック
DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)

・ディスプレイ (画面解像度)
800×600

もし自分の今使っているバージョンがわからない場合は?

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/which-operating-system
このMicrosoftのURLにアクセスすれば自分の使っているOSのバージョンがわかります。

 

 

エディション別でアップグレードされる
エディション別1

エディション別の表 Windows8
Windows Phone 8.15⇒Windows 10 Mobile
Windows 8.14⇒ Windows 10 Home
Windows 8.1 Pro⇒Windows 10 Pro

エディション別の表

エディション別の表 Windows7
Windows 7 Starter⇒Windows 10 Home
Windows 7 Home Basic⇒Windows 10 Home
Windows 7 Home Premium⇒Windows 10 Home
Windows 7 Professional⇒Windows 10 Pro
Windows 7 Ultimate⇒Windows 10 Pro

 

 

音声認識アシスタント 「Cortana」

Cortana

Cortanaとは?
Cortanaとは、Windows10に搭載さrえれている音声アシスタントの名称で、iphoneの「Siri」のような機能です。
問いかけるとファイル検索をしてくれたり、カレンダーやメールの予定をしらせてくれたり、ルート案内や航空券の検索までしてくれる。

Cortanaの使用できる動作環境・条件
現在、Windows 10 で Cortana を使用できるのは、米国、英国、中国、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、インド、カナダ (英語)、オーストラリア、日本のみとなっています。

音声認識の精度はデバイスのマイクに影響されます。音声認識の精度を向上するには、次のものが必要です。
高品位マイクロフォン アレイ
マイクロフォン アレイのジオメトリが公開されたハードウェア ドライバー
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications#sysreqs

 

 

タブレットとPCが切り替えられる機能 「Continuum」
Continuum-Windows-10-mobile1
Continuumとは?
タブレットモードとPCモードをシームレスに切り替えられる機能が「Continuum」。Surface Pro 3のようなタブレットPCでは、キーボードをオフにするだけで自動的にタブレットモードに切り替わるとのこと。モバイル版のWindows 10搭載スマートフォンが登場すれば、Continuumを十二分に活用できそうです。

Continuumが使用できる動作環境・条件
Continuum は、アクション センターから手動で “タブレット モード” をオン、オフにすることで、すべてのエディションの Windows 10 でご利用いただけます。GPIO インジケーター付きのタブレットおよび 2-in-1 PC、またはラップトップ/スレート インジケーター付きの PC は、自動的に “タブレット モード” に切り替えるように設定できます。
Windows 10 のリリース当初は、スマートフォン向け Continuum は一部のプレミアム スマートフォンでのみご利用いただけます。外部モニターが HDMI 入力を備えている必要があります。Continuum 対応アクセサリは別売りです。デバイスの種類や国と地域によっては、アプリを利用できない場合や、アプリの機能が異なる場合があります。一部の機能を利用するには Office 365 のサブスクリプションが必要です。
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications#sysreqs

 

 

XboxのゲームをストリーミングプレイできるXboxアプリ
Xbox-App-On-Windows-10-Devices
Windows 10に搭載されている新しいXboxアプリは、PCをコンソール機としてXboxのゲームをストリーミングプレイすることができます。もちろんXboxのコントローラーにも対応しており、USB・ワイヤレスのどちらでも操作可能。PCのドライブ上に最大2時間のプレイ動画を録画する機能もあります。

ゲームストリーミングをできる動作環境・条件
パフォーマンスを最大限に引き出すには、次の Windows 10 PC のシステム要件が推奨されます。
2 GB 以上の RAM
1.5 GHz 以上の CPU
ホーム ネットワークへのネットワーク接続
最適なパフォーマンス: 有線 LAN 接続
良好なパフォーマンス: ワイヤレス – 5 GHz の 802.11 N / 802.11 AC ワイヤレス アクセス ポイント
限られたパフォーマンス: ワイヤレス – 2.4 GHz の 802.11 N / 802.11 AC ワイヤレス アクセス ポイント
注: 本体と家庭用ネットワーク機器同士の距離が離れていて、有線接続ができない場合は、ご家庭の既存の配線を活用する以下のような選択肢もご検討ください。

パワーライン ネットワーク アダプター: このアダプターを使用することで、ご家庭の既存の電気配線を高速有線ネットワークとしてご利用いただけます。
MoCA (Multimedia over Coax): このアダプターを使用することで、ご家庭の既存の同軸ケーブル配線を高速有線ネットワークとしてご利用いただけます。

 

 

生体認証「Windows Hello」
Hello

生体認証「Windows Hello」とは?
顔を見せるだけでキーボードに触れることなくPCのロックを解除できる生体認証が「Windows Hello」。顔・指紋・虹彩で認証可能なシステムで、指紋リーダー・赤外線センサー・その他生体認証センサーを搭載している端末で利用可能で、例えばPCの前にユーザーが座るだけでPCのロックが自動的に解除されるわけです。

生体認証「Windows Hello」動作環境・条件
Windows Hello を使用するには、Windows 生体認証フレームワークをサポートする特殊な赤外線照射カメラ (顔認識または虹彩検出用) や指紋リーダーが必要です。Intel® RealSense™ (F200) カメラを搭載した Windows Hello では、Windows 10 へのアップグレード後に、Windows 8.1 デバイスで動作するためのソフトウェアの更新が必要になります。この更新は、間もなく提供される予定です。
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-specifications#sysreqs

 

 

アップグレードに関しての問題と対策
対応条件・スペック・機種などを確認してからアップグレードする。
無償だからといっても前情報なしでアップグレードをするとトラブルが起こる可能性が大きいです。ハードやソフトの互換性など問題は沢山あると思います。アップグレードする前にもう一度確認してアップグレードをすることをオススメします。

 

 

リカバリーディスクを必ず作成する。
通常は無償アップデート後、1ヶ月(31 日)以内なら、元のOSに戻せます。
しかしアップグレードして1ヶ月以内でも戻せなくなる場合がある。

 

 

前使っていたOSに戻せる条件
・アップグレード後、windows.old フォルダーと \$Windows.~BT フォルダーの内容がすべて保持されていること。
・アップグレード後、ユーザー アカウントを追加、削除、移動していないこと。
・Windows 7 または Windows 8.1 へのサインインにパスワードを使っていた場合は、そのパスワードを知っていること。
・Windows 10 へのアップグレードに USB ドライブを使った場合は、その USB ドライブがあること。
・正しい手順でOSを元に戻しても、一部のアプリが削除されたままになります。
・OSを元に戻す作業に失敗すると、最悪の場合はOSが起動不能になります。

 

 

戻す画面がない場合は
Windows 8.1 のリカバリーディスクを使用してください。
戻す方法が記載されているページ
http://freesoft.tvbok.com/win10/installation/recovery-options.html

 

 

アップグレードをしたくない場合
Windows 8.1およびWindows 7の一部の機種では、Windows Updateで、表示されている更新プログラムをすべて適用したり、更新プログラムの確認を行ったりすると、Windows 10のダウンロードが始まることがあります。
通知領域に表示される「Windows 10を入手する」アイコンから、アップグレードの予約を行うと、数日後に自動でWindows 10のダウンロードが開始されます。
「Windows 10を入手する」から「Windows 10へのアップグレード」画面が表示された場合は、設定を行うと、今すぐまたはスケジュールした日時にダウンロードが開始されます。

自動アップグレードをしないためにインストールされないようにできます。
通知を切ったりコントロールパネル内から変更することが出来ます。

 

 

1度アップグレードしてしまえば元に戻しても今後無料でアップグレードできる!
無償期間が終了したら後悔することもあるかもしれません。
しかし1度アップグレードした後に元のOSに戻し使っておけばいつでもアップグレードが可能になります。
1回でも無償アップグレードを実施したPCは、オンライン登録され、将来にわたりWindows 10を無償でインストールすることができる。
Windows 10 Home のユーザーには、更新プログラムの提供が開始された時点で、Windows Update によって自動的に更新プログラムが適用されます。Windows 10 Pro と Windows 10 Enterprise のユーザーは、更新プログラムを延期する機能を利用できます。ただし、Windows 10 Pro のユーザーが更新を延期できる期間には制限があります。

 

 

Windows10にアップグレードをするなら事前に情報を調べてからWindows10にアップグレードすることをオススメします!

関連記事
Windows10無償アップグレード期間はいつまで?
Windows10にアップグレードしたPCをWindows7に戻す方法
Windows10とりあえず入れておくべき定番アプリ!
Windows10を高速化する7つの方法

LINEで送る
Pocket

投稿者: Mayo Ogawa

Get-Stationの代表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です